北区/赤羽西教室

北区/赤羽西教室

新入会員募集中!


コア赤羽西教室では、こんな人をお待ちしています。
・来年から中学生。英語がちょっと不安。
・中学の英語の授業がなんとなくよくわからない。
・高校に入って英語が急に難しくなった!!
・学校の英語の成績を上げたい。
・英語をもっと勉強したい。
・ホームステイや留学をしてみたい。
・通じる英語を身につけたい。
・英検を取りたい。
・志望校に入りたい。 


無料体験授業随時実施中。
対象:小・中・高校生 

ぜひ一度、お電話またはメールでお問い合わせください。
TEL:080-4443-8222
メール:yoshiko.ohno@nifty.com
    0120-86-4886(事務局フリーダイヤル)

またはお問い合せフォームで。


新規入会生募集中!

秋は、文化祭、運動会、部活の試合、英検、定期試験、等々、行事満載の忙しい時期ですね! そんな時こそ、時間を見つけて、着々と英語の勉強を続けていきましょう。その少しずつの努力が、将来実を結びます。コアは、そんなあなたを全力で応援します!


現在募集中のクラス(2018年10月)

小学生(小4以上)
        月曜日 午後5時〜
        火曜日 午後4時半〜
        木曜日 午後5時15分〜
中学・高校生 
        月曜日 午後6時〜9時半※
        火曜日 午後6時〜9時半※
        木曜日 午後6時半〜9時半※

※※この時間帯の中で任意の開始時間から、中学生2時間、高校生2時間半の授業になります。
少人数、完全個別指導です。 

コア英語教室では、音と語順訳にこだわって、本物の使える英語をめざしたレッスンを行っています。
体験レッスンで、その効果を確かめてみてください。
体験レッスン随時受付中です。
*電話がつながりにくい時がありますので、その場合はメールでご連絡ください。

赤羽西教室ニュース 2018年10月

先週は、小学生の劇発表会を開催しました。小学校6年生の春からコアではじめて英語を本格的に勉強したFちゃんも、半年で、『ランペルスティルツキン』の劇を暗唱して保護者の方々の前で堂々と発表することができました。
4年生のYちゃん、5年生のR君、もう一人6年生のCちゃんもみんな、教室でも、家でもCDを何回も何回も聞き込んで、聞こえた音をよくまねて、物語の登場人物になりきって、素晴らしい劇を作り上げてくれました。

img033.jpg

赤羽西教室ニュース 2018年9月


夏休み中のコア英語教室は、夏期講習、渋谷本部校での単語暗唱会等、これまでの復習や、今後の授業準備にあてるためのイベントがいろいろ開催されました。

本部校での単語暗唱会は、3日間、午前2時間半、午後2時間半、近辺のコア教室の生徒が一堂に会して、とにかく英単語・熟語だけを覚えるイベントです。全期間参加して、大学受験用の英単語集1冊を暗記する高校生も出てきます。赤羽西教室の生徒さんも参加します。

春休みにも開催されますので、お楽しみに!

akabanenishi180914.jpg

赤羽西教室ニュース 2018年5月

今年度大学合格実績

青山学院大学経済学部1名、学習院大学法学部1名。
今はもうだいぶ大学生活にも慣れてきたころでしょうか。

そして、もう一人、コア赤羽西教室に小学校6年生から高校1年まで在籍して、高校2年生で1年間ニュージーランドに留学したI 君は、日本に帰国後高校を卒業し、今年の秋から南オーストラリア大学への進学が決まりました。I君が書いてくれた文を紹介します。

コアは今の私の英語力の基盤を作ってくれた塾でした。この塾の大きな特徴は、英文法やリーディングだけではなく、スピーキングやリスニング、ライティングといった英語における四技能にも重きを置いて教えているということです。そのため、英検における二次試験やほかの英語資格検定におけるスピーキングに対して苦手意識を払拭でき、自信を得ることができました。そのおかげで海外でも通用する英語力を獲得することができ、大学はオーストラリアにある南オーストラリア大学に進学することが決定いたしました。皆さんもぜひ、コアに入り、海外の人と渡り合っていける英語力を身に着けましょう。

I 君は、入会した6年生の時から何事にも意欲的で、コアの教材を積極的に吸収してくれました。留学したいという強い思いから、単語・熟語・文法なども自分からどんどん学習していきました。オーストラリアの大学に入学が決まり、今後もますます国際的に活躍してくれることを期待しています。

赤羽西教室ニュース 2017年11月

2017年度第二回英検の結果が出ました。今回は受験者は多くありませんでしたが、中学一年生一名 3級合格、高校三年生一名 準1級合格、という結果でした。
 中1のSさんは、小学校5年生で入会し、小学校時代は「赤ずきんちゃん」「ランペルスティルトゥキン」「ヘンゼルとグレーテル」などの小学生向け物語作品をCDを使って多数読み込んで暗記し、劇として発表する、という活動を続けてきました。小学生のうちから無理なく主語・動詞・目的語・補語などの英文構造の基本を身につけているので、英検の長文問題も楽にこなしています。二次試験の面接は、コアで常にCDと共に音読、シャドーイングをしているので、ほぼ問題なくクリアです。
 今後は小学校でも英語が教科として授業の中に組み込まれることになるようです。ただ、英語は、教科である前に一つの「言葉」ですので、実際にネイティブが話している音声を聞いてそれをまねて声に出し、自分のものにしていくという体験をぜひしてほしいと思います。小学生に身近な上記のような「物語」を教材に使うことで、それはさらにやりやすくなるように思います。



入会半年の小学5年生 H.Tさん。『ランペルスティルツキン』を完璧に暗唱してくれました。

赤羽西教室ニュース 2017年9月

「2017年度前期発表会を行いました。」
小学生は英語劇、中学生・高校生は、これまで学んできた文章から1編(400語前後)を選んで暗唱を行います。
小学生の劇は今回はおなじみの「赤ずきんちゃん」でした。4年生の男の子は、4月に入会したばかりですが、毎日家でイヤホンを耳にCDを聞いて台詞の暗唱をしていたそうです。劇本番でも、オオカミになりきって、すらすらと台詞を口にしていました。
授業では、コア独自の語順訳で英文の構造をしっかりと確認しながら正確に内容をつかんで精読し、あとはひたすらCDの音声の後に付いて、声を出して英文をまるごと体で覚えていきます。この作業は、小学生から高校生まで、みな同じです。
これの繰り返しで、自然に本物の英語を体得できます。

この秋から、皆さんもコアで英語を始めませんか!

赤羽西教室ニュース 2017年3月

【2016年度末発表会を行いました。】
3月末、毎年恒例の年度末発表会を開催しました。
今回は、小学生は低学年「うすのろジャッカル」と、高学年「ヘンゼルとグレーテル」の2チームで英語劇を行いました。
低学年の4年生の一人は、入会してわずか半年だったのに、台詞をしっかりと覚えて、ほかの二人と一緒に立派な劇に仕上げました。
高学年の二人は、6年生。4月から中学生の貫録で、長い台詞もしっかりと言えていました。
中学生は、いつものように、「語順訳」教材の中で今まで習ってきたエッセイの中から一作選んで暗唱します。語順訳をして完全に内容を学んだものを、何度もCDを聞きこんで暗唱することによって、自分のものにしていきます。ある生徒は、ここで暗唱した内容(環境問題)が、英検の2次スピーチで役に立ったと話していました。

【2016年度第3回目英検の結果です。】
【準1級合格】高2生1名、
【準2級合格】中3生1名、中2生1名、
【3級合格】中3生1名、
【4級合格】小6生1名。

コアの通常の授業と並行して英検に特化した対策を行っています。2次試験対策も着実に行うことで、生徒さんを合格に導いています。

赤羽西教室ニュース 2016年12月

中学・高校の定期試験もそろそろ終わるころでしょうか。皆さんの出来はいかがでしたか。コア英語赤羽西教室では、コアの独自のテキストに加えて、試験前には教科書等の対策も各生徒さんに合わせて行っています。しかし、基本はどれも同じです。それは、「SVOC等による英文構造の理解」と、英文をしっかりと理解した上での徹底した「音読」と「シャドーイング」です。この音読とシャドーイングの繰り返しによって、英文を流れのまま理解していく力が付き、英文が自分のものになっていきます。
そのようにして本物の英語の力をつけるお手伝いを、コアではしています。一度、体験レッスンに来てみませんか。

赤羽西教室ニュース 2016年9月 その2

2016年度前期暗唱発表会を開催しました。

保護者の方々をお招きして、ほかの生徒や保護者の方々の前で一人ずつ前に出て、これまでにクラスで読んだエッセイの中から1本を選んで暗唱発表してもらいます。
生徒の皆さんはとても頑張って準備して、暗唱にのぞんでくれました。特に発表会3度目、4度目となる中学2年生、3年生は、回を追って進歩している姿がよくわかりました。

発表会後の懇親会で、NHK Eテレで放送されている『スーパープレゼンテーション』をご紹介しました。
http://www4.nhk.or.jp/superpresentation/
世界のさまざまな分野の人々が英語で行うプレゼンテーション(TEDトーク)が紹介される番組です。
語られる内容も非常に興味深いものばかりですし、なにより英語やプレゼンテーションの勉強になりますので、ぜひご覧下さいとお勧めしました。

赤羽西教室ニュース 2016年9月 その1

アメリカ高校留学生からの便り

高校2年生で、この8月に1年間のアメリカ留学に出発した生徒から渡米1か月後の感想文が送られてきましたので、その一部をご紹介します。

「日本にいるときは英語ができる方だった。模試でも他の教科よりも全然良くて、英語ができないとは思っていなかった。 でもこっちに来て、欧州の人たちがネイティブ並みにできるのはともかく、韓国や台湾の人も日本人よりもずば抜けて英語を話せることには驚いた。その人たちの会話に全くついていけなくて、初めて英語が使えない不自由さを実感した。日本にいるときは暗記していれば高得点取れるし、してなければ取れない。しかしここは違う。自分の持っている英語力をいかにうまく使うか。持っていてもその状況に合わせて使えなければ持っていないと同じ。そう思う。」

現地でナマの英語に触れている人の実感ですね!

2015年合格実績
高校 都立北園高等学校、郁文館グローバル高等学校
大学 東京外国語大学 国際社会学部、上智大学 国際教養学部

2014年合格実績 
大学 青山学院大学 理工学部


2015年英検合格実績
高1 2級(1名)、中2 3級(1名)、4級(1名)、中1 5級(1名)

英検対策は、1次、2次含めてしっかり実施しています。3級初受験の中2のYさんには、2次対策を2回にわたり実施。過去問を中心に模擬面接を何度も行いました。その結果、実際の面接の最後の2問は、過去問と同じだった! と嬉しそうに報告してくれて、結果も余裕の合格でした。

学校の定期テストでも、コアの生徒さんたちは、目覚ましい成果を発揮してくれています。

中1のF君は、後期の中間試験で英語が100点!
中1のI君は、2学期の中間試験で英語が98点!
中2のT君は、後期の中間試験で英語が81点!

以下省略ですが、他の生徒さんたちも総じて素晴らしい成績を収めています。

語順訳と音読による日々の地道な学習により、生徒の皆さんに本物の英語力が付いていることを実感します。

2015年9月 赤羽西教室ニュース

恒例の暗唱発表会を開催しました。

小学生は英語劇、中・高校生はこれまで学んできたストーリーから1つか2つ選んで、暗唱を発表します。
コアの学習にシャドーイングを積極的に取り入れて1年ほどになりますが、徹底的にシャドーイングを行ってからの暗唱は、ただ活字を見て覚えただけの暗記とは全く違って、発音やイントネーションが英語らしく生き生きとしています。4月に入会したばかりの中1生も、ほんの半年の英語学習歴とは思えないほど、すらすらと300ワードほどの文章を暗唱しました。小学5年生の女の子たちも、ほんの半年の練習で、劇ができるほどまでに上達しました。

シャドーイングとは、実際の英語の音声の後に、影(シャドー)のように付いていって、同じように言葉を発するという、通訳訓練でも使われている高度な英語訓練法です。練習すれば、だれでもできるようになり、練習を積み上げると、発音やイントネーションが驚くほど上達します。

コア英語赤羽西教室では、いつでも新入会を受け入れています。2期制の学校では、そろそろ後期が始まる頃ですね。
コアで本物の英語力を身に付けませんか。

2015年3月 赤羽西教室ニュース

年度末発表会

コア赤羽西教室2014年度末発表会を行いました。
生徒さんたちが、この半年間に学習してきた文章を暗唱、またはシャドーイングして、保護者の方と他の生徒さんたちの前で発表する会です。

シャドーイングとは、CDの音に影(シャドー)のように後から付いていって英語を口から出し、英語の音とリズムを体得する練習法です。これをコアでは徹底的にやらせていますが、その練習をすると、暗記もずっと楽にできますし、発音やイントネーションが非常に良くなります。昨日は、多くの生徒さんがその成果を見せてくれました。

米国の公民権運動のリーダー、マーティン・ルーサー・キング牧師による有名なスピーチ「I Have a Dream」 や、 2008年のオバマ大統領の勝利宣言スピーチ「Yes We Can」を、それぞれ一部ですが、暗唱した人もいました。

ある程度まとまった分量の作品をシャドーイングしたり暗唱したりするのは、確かに非常にたいへんな作業ですが、その分確実に力はつきますし、皆の前で発表する達成感も大きいと思います。半年ごとの発表会で、発音や表現力がどんどん向上していることは、保護者の方がすぐに気が付いてくださいますので、生徒さんの大きな自信につながります。

じきにコアも春休み。4月からはまた新たな仲間も加わり、小・中・高校生の部、それぞれが新たなスタートです。年度途中でも随時入会は受け付けています。興味を持たれた方、いつでもご連絡をお待ちしています。

2014年3月赤羽西教室ニュース

●英検の結果が出ました。
高2 準1級 1名
中3  3級  1名
中2 準2級 2名

ごあいさつ

シュウ企画のサイトで紹介されました。
くわしくはこちら

こんにちは。コア・チューターの大野よしこです。小学生の時にシャーロックホームズ、中学時代に「赤毛のアン」に出会い、欧米の文化にあこがれを抱きました。大学で英語を専攻し、就職して発展途上国の人たちと接するようになり、英語ができると世界中の人たちと友達になれるんだということを実感しました。仕事では英文情報誌の編集をしたり、ビジネス文書の翻訳をしたりしてきましたが、子どもを持って、教育の世界に関心を持つようになりました。

子どもが中学生になったと同時に、同じ中学校の土曜補習講座でボランティアで英語を教え始めましたが、教えることがこんなにも面白いということを知り、本格的に教授法を学んで教えてみたいと思ったのが、コアチューターになったきっかけです。コアのやり方は、読む、聴く、書く、話す能力が同時に上達するという画期的なものです。本物の英語力を付けるために、一緒に頑張っていきましょう!



大野佳子

渋谷本部校講師
中学の時に「赤毛のアン」の世界にあこがれ、「シャーロックホームズ」シリーズ、「アルセーヌ・ルパン」シリーズなどに夢中になって、欧米文化に惹かれました。そのため、大学では何の迷いもなく、英米文学、英語学を専攻したわけですが、学生時代のサークル活動を通じてアジア・アフリカ・ラテンアメリカの世界に出会い、卒業後も発展途上国援助の仕事に携わり、英語というものが世界語であることを実感しました。英語ができれば、世界のだいたいどこに行っても困らない。しかし、逆に英語ができなければ、どうにもならない・・・のです。 グローバル化が進み、今後ますます英語は必須になってきます。それなのに、英語嫌いの子どもは増えるばかりのような気がします。コアの学習法を使えば、英語は無理なく身に付きます。ぜひ、この方法を知って、「英語が好き」「英語が楽しい」と、笑顔で言う子供たちが増えてくれることを願っています。