あきる野市草花/こしじ教室

教室:あきる野市草花1085-1(草花台会館近く)
講師:越地勤子
電話:事務局フリーダイヤル(0120-86-4886)へお問合せ下さい。
対象学年:小1〜大人
クラス曜日:月〜木曜

インフォメーション!:
募集学年:

新小3、新小5、それぞれ若干名。
他学年応相談。
中、高校生若干名募集!
募集レッスン曜日:月曜日〜木曜日
※随時状況が変わりますので、ご相談ください。

……………………………………………………………………………………………………………..

小学生だって分かる!
小学生から始めようエイゴ文の文法ルール!

主語と動詞(述語) 、英語文の5つの型を知ろう!英語と日本語の語順の違いを知ろう!~海外童話のCDを聴きながら~音読しながら~語順訳(翻訳)にチャレンジしながら~

英語文のルール(英文法)ー例えば「受動態」を習い、その内容と表現形式をどんなに易しい言葉で説明されて「分かった」気になっても、それは将棋のルールを知ったというだけで、実戦でそれをどの様に使うかまで分かった事を意味しません。普通は練習問題などを繰り返し行うことで慣れさせようとするのですが、物事の状態や自分の心の出来事が「英語の受動態」に該当している事だと認知出来ない限り、「分かった」は程遠いでしょう。

edやerを付ける以前に過去形や比較級が分かる為に知っておくべき事ーそれは出来事の捉え方の英日での違いを理解する過程。

物語や説明文、著者がいて、何かを叙述したものには必ず文脈があり、段落があり、著者の表現の意図が表れる。内容とその形式をセットとして受け止める経験が重要。

どの様な文法事項も、実際にはどの様に使われるのか(語用)知ることが必要となる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

語順訳の目的は「日本語にする」自体ではなく、英日の違いを通して英語を理解することにある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

英語の木を育てるー

主語をはじめとして、各要素や品詞の説明を受けたから英語の文というものが分かるというようにはならない。様々な文の形式や表現に触れ、かつ文法の世界を曲がりなりにも一周して初めて、何となく分かるのが本当のところ。いわばその為に、語順訳をやり、問題集をやる。「英語の文」と言う木を様々な方策で育てる。知識学習中心だと、細い幹が出来るだけで、枝葉は付かない。

木が育つ為には、葉を茂らせ太陽の光を浴び、地中からは水分や栄養素を吸収する。物語の語順訳はその光や栄養素ととなるもの。

教室へのお問い合わせは
E-mail:koshijiE
(お手数ですが、メールアドレスを入力してお送りください。)
事務局フリーダイヤル(0120-86-4886)
または
事務局お問い合わせフォームへお問合せ下さい。