小中学生募集中!
無料体験随時!!

火曜4時〜5時 小1〜3クラス、
2〜3名募集中です。

体験ご希望の方は電話またはお申し込みフォームにてお申し込みの上、 お越し下さい。

お問い合わせもお気軽にどうぞ。

お問い合わせ:
0120-86-4886(事務局:平日10時―17時)

E-mailでお問合せ

またはこちらのお問い合わせフォームから。

クラスだより 2019年4月

名残の桜も散り、萌え木が目に美しい頃となりました。
四月から高校生になったHさんは、麗しいセーラー服姿でレッスンに現れました。テキストも高校バージョンへと衣替え。コアの教材とチャート式の新々総合英語を軸に、大学受験を見据えた実力を培っていきたいと思っています。

新中2の生徒さんたちは、それぞれ英検の3級、4級を取得した一年でした。語順訳の暗記にかかる時間が非常に短くなり、総合的な力がぐっと増してきているのを感じます。文法も、これまで生き生きした物語文の中で折に触れて学んできているので、新しい事項に入るとすぐに訳文や英作文を着実にこなしていきます。文法のカテゴリーとして学ぶ前に、物語を通して馴染みになっておくということが支えになっているのを実感します。

新5年生のYちゃんは、小1から物語の語順訳をたっぷり経験してきた成果が、ここのところ如実に表れてきています。フォニックスとの相乗効果で、知らない単語でも読める場合が多く、テキストを初見から積極的に自ら読もうとする意欲も見られます。春休みから前倒ししていよいよ文法のレッスンもスタートしましたが、SVOやSVCといった英作も、自然と口をついて出てきます。物語の訳、暗記、劇という一連の流れで身体に通した英語が文法と繋がる瞬間のYちゃんの笑顔に、私も大きな喜びを感じています。物語の理解度もかなり高くなってきました。

新小3のR君は、物語の音読が格段に上手くなりました。英語のリズムやイントネーションなど、低学年ならではの呑み込みのよさを感じています。英語を楽しく学ぶという気持ちのまま、さらに学びを深めていけたらと願っています。

それぞれの年齢に応じた伸びしろや伸び盛りには、日々驚きがあります。この一年も、生徒さんたちの発見的な学びをどう支え、導いていくかということを大切にしていきたいと思っています。

クラスだより 2018年 9月

先週は、小2R君の『三匹のクマ』の劇の発表会でした。前回と比べてセリフが長くなりましたが、とくに発音とイントネーションがすばらしく、CDのリスニングの効果を感じました。お母さまも、堂々とした、ネイティブのようなセリフの表現力に驚いていらっしゃいました。日頃のレッスンでは、フォニックスの成果で音と文字が結びつき、オラリティとリテラシーの相乗効果が出始めています。小学生ならではの、理屈ではなく身体を通す豊かな学び方が、これから先の英語の力に繋がっていく確かな手応えを感じています。

中1の教室は、語順訳と文法の二本立てのレッスンもすっかり軌道に乗り、ぐんぐんと力をつけてきています。今回、春に英検4級に合格したうちの一人の生徒さんが、3級にチャレンジしますが、日頃の成果を確認できるよい機会となり、さらなる自信と意欲に繋がっていくことと期待しています。お互い刺激を受けながら、楽しく学ぶ姿が眩しい3人組です。

aki.jpg

クラスだより 2018年 3月

先週は、小1のR君の発表会でした。
劇の前の簡単な英会話は、妹さん想いのR君ならではのアイデアで、観にきてくださる妹さんに英語と日本語で話しかけるスタイルをとりました。コミュニケーションの本質を柔らかい心で捉えているR君に、脱帽です。
そのあと、ジョン・バーミンガムの『ガンピーさんのえんそく』の絵本を妹さんに見せながら、あらすじを説明し、劇本番では、たくさんの動物とガンピーさんのセリフをみごとにこなしてくれました。家での練習では少し不安だったというお母様も、上手にセリフが言えていたので驚いたとおっしゃっていました。発表するということの大切さを改めて感じたひとときでした。
翌週は、4月から小学校に入学するNちゃんが体験レッスンに来てくれましたので、R君のみごとなリードでガンピーさんの劇を一緒にやってもらいました。来月からは教室の仲間が増え、ますます楽しみになってきました。
中2のHさんは、準二級に合格。受験体制に入る時期に、幸先のよいスタートを切ることができました。今回もライティングで高得点を取り、日頃の語順訳の効果を実感いたしました。

ume1803.jpg

クラスだより 2018年 1月

1712zoHAGIYAMA.png

3年生と4年生の混合クラスで、『ゾウといたずらぼうや』の劇を発表しました。長いセリフもよどみなく言えるようになり、これまでの蓄積を感じさせる仕上がりとなりました。ここ半年の間に英語の文字と音がしっかりと結びつき、カナフリなしでも随分とテキストを読みこなせるようになってきたことも、自信に繋がっています。
発表会の翌週からは、これまでの音声による劇主導型を卒業して、いよいよ本格的な語順読みのレッスンとなりました。コア式の基本ルールを説明して、いざ始めてみると、目を輝かせて「面白い!」と夢中になって訳していきます。前置詞の訳し方を例文で説明すると、「あ、スリー・ベアーズに出てきたセリフだね」という反応が戻ってきて、これまでの劇が土台になっていることを実感しました。生徒さんの学びへの意欲を生かしたレッスンを、これからも心がけたいと思っています。
6年生のクラスでは、『ランペルスティルツキン』の劇を発表しました。劇の構成や舞台のセット、小道具などにも積極的に楽しみながら取り組んでのすばらしい稽古ぶりでした。セリフ回しも、英語の文章に親しんでいるおかげで以前にも増して上手になり、みごとな仕上がりとなりました。翌週から始まった『ヘンゼルとグレーテル』は、単語集Aceの積み重ねもあってカナフリの必要がない単語も多く、文法の勉強の成果も出始め、英文の理解力が格段に上がってきています。文法事項を積極的に学ぼうとする意欲が旺盛で、英文のしくみへの知的好奇心の強さを感じます。物語と劇と文法が三位一体となり、実力をめきめきつけてきている頼もしい3人です。

ごあいさつ

父の転勤で渡米した当時の自分を振り返ると、言葉は毎日の暮らしの中で切実さを伴って身体の中に沁みこんでいったことがよく分かります。
何かを学ぶときに大きなエンジンとなる「切実」。
コアのメソッドでは、この「切実」をとても大切にしています。
「英語劇」では、生徒は発表に向け、所作やシークエンスとセットにして英語を身体に刻んでいきます。
また英文を頭から順に訳していく「語順訳」では、英語を母国語とする人が文章の意味を辿っていくときの切実さを保ちながら理解するしかけが、じつに巧みに盛り込まれています。それは、とりもなおさず言葉と思考の構造に深くかかわっていく方法なのです。

言葉の奥行きにまでしっかり踏み込みながら、楽しく主体的に英語を身につけることができるコアメソッドを、ぜひ多くのお子さんに体験していただきたいと思っております。